大宮公園はお花が1年中絶えない!のんびり寛ぐ癒しの場所

大宮公園は、埼玉県中部東部地域の人にとっては、メジャーな公園です。
明治18年のJR大宮駅の開業と一緒に、県営公園としてオープンしました。

当初は氷川公園と呼ばれていたそうです。
大宮公園と呼ばれるようになったのは戦後のことだそうです。

omiya2

アクセスも電車、バス、車と利用できます。

大宮公園へのアクセス
電車

  • JR大宮駅東口 徒歩20分
  • 東武野田線 大宮公園駅or北大宮駅 徒歩10分

バス

  • JR大宮駅東口 国際興業バス「導守循環(寿能回り)」(大15)乗車
    「大宮サッカー場前」下車
  • JR大宮駅東口 東武バス「吉野町車庫」(大47)乗車
    「サッカー場前」下車
  • ※本数が少ないので注意が必要

  • 県道川口上尾線堀の内交差点から北へ約1km「大宮公園入口」交差点左折すぐ
  • 無料駐車場あり(270台)

四季折々にいろんな草花で楽しめます。
デートでもよし、お散歩でもよしの便利なスポットです。

春~初夏
・ハクモクレン  ・カンヒザクラ  ・シダレ桜   ・ソメイヨシノ
・ヒロハカツラ  ・ツバキ     ・サトザクラ  ・シャガ
・ハンカチノキ  ・カルミア    ・サツキ

夏~初秋
・ビョウヤナギ  ・ヤブミョウガ  ・サルスベリ  ・ギボウシ    
・ヤブラン

秋~初冬
・ツワブキ  ・ハゼノキ   ・メタセコイア  ・アカシデ    
・クヌギ   ・ヤマモミジ  ・カイノキ

冬~初春
・サンシュユの実
・キダチアロエ

春はいろんな種類の桜を楽しめそうですね。
お花見には最高ではないでしょうか。

桜においては埼玉県で一番の桜の名所です。
桜の木も1,200本ほどあるといわれています。

どの桜も幹が太くで枝ぶりもいいので、満開の時期は圧巻です。
秋には春夏に青々と茂っていた木々の葉が赤や黄色に紅葉してとてもきれいです。

春はサクラで花見を楽しみ、秋には紅葉を楽しむという贅沢な時間を過ごせます。
日頃の疲れを癒すには、とってもいい場所ではないでしょうか。

omiya1桜がとてもきれいな大宮公園ですが桜守ボランティア
という人たちが桜の維持管理をしてくれています。

この桜守ボランティアは誰でも参加することができます。
美しい桜を守っていきたいと思う人は参加してみるのも
いいですね。

参加費はもちろん無料です。現在会員数は270名ほど。
活動はだいたい月1回程度です。

お休みの日にボランティアで体を動かすというのもなかなか格好いいですよね。

大宮公園とは言っても結構広くて、動物園や陸上競技場、野球場、サッカー場などもあります。
草花を楽しんだ後はかわいい動物たちで癒されることもできるお得なスポットです。

コメントを残す